ベアーボーンズリビング フォレストランタンが超絶おすすめ!

最近気になっていたのは、タープの下のリビングスペースに使うランタンがなんだか性能が落ちてきたようで、夜の明かりが心もとないこと…。

今まで使っていたのは、家にあったよくわからないノーブランドの電池式ランタン。

ランタンといえばキャンプの夜の主役と言ってもいいほどの存在感を放ちますね。

そろそろちゃんとしたランタンを用意して夜の主役を演じて欲しいところ。

楽天のスーパーセールも開催していたので、いい感じのランタンを購入することにしました。

 

今回購入したいランタンの条件

①電池式であること

今回購入するのはサブランタンに位置する予定のランタンであり、メインランタンのような大光量のパワーを必要としないこと、テーブルの上やテントの中で使う可能性もあるためガソリン系はNG。

②電球色であること

我が家のランタンは雰囲気を壊さないようにランタンは電球色・暖色と決めています。白色LEDはなんだか冷たい色になってしまうのが嫌なのと虫も寄ってきやすいですね。

③おしゃれであること

とても大事なのはやっぱり見た目!キャンプ空間の雰囲気に合うようなおしゃれなデザインのランタンが欲しいです。電池LEDのランタンは意外とオシャレなものが少なく、いかにも非常用言えるようなものが

以上の3つの条件を満たしているランタンを色々探した結果…

 

ベアーボーンズリビング フォレストランタンを購入!

今回購入したのは、ベアーボーンズリビングから発売されているフォレストランタンです。

アメリカユタ州ソルトレイクシティーで生まれたブランド、Barebones Living(ベアボーンズリビング)は他のブランドではあまり見かけないようなオシャレなデザインのキャンプギアを多く扱っています。日本では2017年にa&fが取り扱いをはじめました。

日本に上陸した当初はフォレストランタンをはじめとした様々なキャンプギアが売り切れ続出だったようです。

カラーラインナップは、レッドとブラックです。僕はブラックを購入しました。

価格は、8,000円ほど。

ちょうど楽天スーパーセールが開催中だったので、他に欲しかったキャンプアイテムと合わせて購入しました。ポイント倍率も10倍以上伸びたので満足です!

 

フォレストランタンが届きました!

外箱もなかなかおしゃれな感じです。

いつもなら外箱はすぐさま畳んで捨ててしまいますが、このデザインだったらひとまず保管です。笑

箱の中の梱包は特に普通ですね。

 

早速、部屋の電気を消して点灯させます。

写真だと白色に光に見えますが、実際はもっと暖色系の光です。

あとで、見た目に近い色温度で写真を撮っておきます。

ランタン自体がおしゃれなので、光がついた時のシルエットもかなりおしゃれです。格子状になっているフレームがアンティークっぽい雰囲気を演出してくれます。

 

ベアーボーンズリビング フォレストランタンの明るさは?

フォレストランタンはダイヤル式で明るさを調整できます。ダイヤルなので明るさの段階はありません。

最大光量にして写真を撮ってみました。部屋の大きさが10畳ほどで、ランタンは部屋の中心にあります。後ろの壁まで光が届いているので、タープの下やテントの中でも十分な光量です。

 

ベアーボーンズリビング フォレストランタンの性能は?

●サイズ/H24.13 x W15.2cm
●LED/5W Cree
●明るさ/5-200ルーメン
●連続点灯時間/Low:80時間、Hi/3時間
●充電時間/4-6時間
●充電性能/(入力電圧-電流)5V-最大1.5A以下
●防水性/IPX4(防沫形)
●付属品/8Whリチウムイオン電池(内蔵)、充電用microUSBケーブル

(出典:BAREBORNS公式webサイト)

明るさHiは点灯すると夕方くらいの明るさがありとても心強いですが、バッテリーが3時間しか持ちません。Hiだとランタンが直視できないくらいで、逆に明るすぎるくらいなので、通常であれば真ん中くらいの明るさで使用するかなと思います。

真ん中くらいの明るさですと、2晩くらいは点灯できるのではないかというところです。実践で試してみたらまたお伝えします。

充電時間は4-6時間ほどなので、そんなに時間がかからずに充電できます。ただ、電池式のランタンが多い中、フォレストランタンは充電式なので充電し忘れには注意です。笑

バッテリーの残量はランプで教えてくれます。

 

フォレストランタンの良いところ・残念なところ

最後にフォレストランタンの良いところと悪いところをまとめておきます。

購入を検討している方の参考になればと思います!

良いところ

①アンティークで良いデザイン

一番はやっぱりデザインです。キャンプといえば性能はもちろんですがデザインも大事。どんなキャンプスタイルでもバッチリ合ってるランタンなので、デザインでランタンを探している方にはおすすめです!

②暖色LEDライト

安全で経済的にも優しいLEDライトのランタン。LEDランタンで暖色系はそんなに多くありませんが、フォレストランタンはしっかり暖色LEDという要望を満たしています。

③充電式で省電力&経済的

電池を使うランタンの場合、そのランタン専用の電池を用意しなくてはならず、道具も多くなってしまいます。充電式であれば電池を用意しなくても大丈夫なので、経済的にも荷物も効率的です。
充電を忘れたとしても、車で充電するかスマホ充電用のモバイルバッテリーから給電できますね。

残念なところ

①ランタンの光が少しピンクっぽい

色味としてはちゃんと暖色の光なのですが、若干ピンクっぽい感じの色味になっています。LEDライトを覆っているカバーなのかライトそのものの影響なのかはわかりませんが…。

②光が上方向に広がっている

LEDライトがランタンの下部に上むきに設置してあるので、必然的に光の方向は上寄りになります。ランタンの下方向は光があまり届かないためテーブルの上に吊る下げて使うような場合だと、あまりテーブルを照らしてくれない感じです。横方向はしっかり光が飛んでいくので、テーブルの上に置いたり、少し低いところに吊る下げたりする使い方がいいのかなと思います。

③カバーがもっと透明に近かったら明るくなった?

ライトを覆っているカバーが意外と光を通さなそうに見えます。もっと透明に近かったら光量が多くなったのかな〜なんて思います。あくまで憶測です。

③ちょっとお値段が高い

僕が購入した時は8,000円台でした。そこそこちゃんとしたランタンを購入した感じの金額ですね..。しっかりと働いてくれるので間違いはないですが、スノーピークのほおずきが1万円で購入できるので悩みどころですね。このデザインが良い!という方にはとってもおすすめです!

 

まとめ

今回はテーブルやテント内で使う想定のサブランタンとして、ベアボーンズのフォレストランタンを購入しました。デザインに重きを置いて選んだランタンですが、購入した満足度はそこそこ高いです。

ベアボーンズは他にもおしゃれなキャンプアイテムが色々あるので、また物色したいと思います。

スポンサーリンク

About えんどれ

高校時代になんとなく始めたカメラにハマり独学でカメラを勉強。 大学在学中には撮影依頼を受けるようになりました。現在は大学院に進み、学生カメラマンとして奮闘しております。 最近は動画も始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です